メニュー

学校長挨拶学校概要学科紹介つるぎ高News部活動様々な取り組み進路情報在校生・保護者向中学生の皆さま卒業生の皆さま校長室学校いじめ防止基本方針昨年度までの新着情報提言ボックス

カウンタ

COUNTER387853
SInce 2014.04.01

配布物のご案内

平成31年度 学校長あいさつ

つるぎ高校のホームページを御覧いただきありがとうございます。
 本年度,つるぎ高等学校の校長に就任しました
古味 俊二 と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は,県西部の美馬郡つるぎ町に位置する専門高校で,平成26年4月1日に貞光工業高等学校と美馬商業高等学校が発展的に再編統合して新たに開校しました。
 本校は,工業科と商業科を設置しており,それぞれの特色を生かした教育活動を展開しており,本年度6年目を迎える歴史の新しい学校です。
 これまで,本校の教育活動に対し,御理解と御支援をいただいたことに厚くお礼を申し上げます。

 さて,高校を取り巻く環境は大きく変化しており,平成30年3月の高等学校学習指導要領の改訂により,「何ができるようになるか」を明確にする観点から,「知識及び技能」「思考力,判断力,表現力等」「学びに向かう力,人間性等」の三つの柱で再整理され,「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業改善が求められることとなりました。
 また,グローバル化や情報化への対応のみならず,第四次産業革命時代の到来や内閣府が目指すSociety5.0社会などに対応できる人材育成に向け,基礎力,思考力,実践力の三層構造からなる「21世紀型能力」の育成などが求められています。
 このような中,本校では,校訓「協力」「創造」「挑戦」のもと,「地域に根ざした工業教育・商業教育を推進し,たくましい実践力と創造性に富み,地域社会の発展に貢献できる高い志と専門的な技術を有するスペシャリストを育てる」,「人権尊重の精神を養い育み,友愛と協調を重んじるとともに,さまざまな人権課題の解決に向けて努力する生徒を育てる」ことを教育方針として,全普通教室に大型電子黒板等を導入し,ICTを効果的に活用した「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業改善を図りながら,「21世紀型能力」に対応した「生きる力」を育成するための教育活動に取り組んでいます。
 今後も工業科・商業科併設のメリットを生かした「つるぎ高校ならではの教育」を推進することにより,持続可能な社会への貢献に努め,「ふるさとを愛し,人権を尊ぶ協調親和の精神を持ち,地域の発展に貢献できる実践力と問題解決能力を身に付けた生徒」,「将来のスペシャリストをめざして,絶えず新たな知識や技術を習得する創造性豊かな生徒」,そして「心身ともに健康で高い志を持ち,社会から信頼され,チャレンジ精神を持った生徒」の育成に努めてまいりますので,引き続き本校の教育活動に御理解と御支援をいただきますようお願い申し上げます。

                    平成31年度 校長 古味 俊二


平成31年度 校長 古味 俊二