台風接近時における登校・冬季における登校について
台風接近時の登校について
 
 生徒各自の安全を確保するため, 警報・注意報等の発令にかかわらず,通学時に危険を生じる恐れがある場合(土砂の崩落,道路の冠水,強風など)には,保護者・生徒の判断で登校を中止してください。
 また, 生徒各自の登校時間(自宅を出る時刻)に暴風警報が発令されている時は,登校せずに自宅で待機してください。午前8時までに,暴風警報が解除されない場合は,臨時休校とします。

登校を中止した場合の対応について

  保護者・生徒の判断で登校を中止した場合は,午前8時までに学校(担任)へ連絡してください。
  なお,週末の部活動及び各科の補習については,顧問・補習担当者へ直接連絡してください。

登校を中止した場合の欠席・遅刻の扱いについて

 登校を中止したことによって欠席,遅刻した場合は,公欠扱いとします。

 

 

冬季における生徒の登校について

生徒各自の通学時の安全を確保するため, 大雪等の警報,または特別警報等の発表にかかわらず ,通学に危険を生じる恐れがある場合( 大雪,路面凍結等 )には, 保護者・生徒の判断で登校を中止してください。

 

登校を中止した場合の対応について
 平日に保護者・生徒の判断で登校を中止した場合は, 午前8時までに学校(担任)へ連絡してください。 学校への連絡は,原則として保護者の方にお願いします。
 また, 冬季休業日中や休日の部活動及び各科の補習については,顧問・補習担当者へ直接連絡してください。
 なお,登校時において交通機関の不通および大幅な遅延等により,多くの生徒が登校できない場合は,臨時休校と判断することがあります。始業後に,気象状況等の悪化により生徒を帰宅させる必要が生じた場合は,適宜協議の上で授業打ち切り等の措置をおこないます。こうした場合は,学級担任を通じて生徒に連絡します。
 
登校を中止した場合の欠席・遅刻の扱いについて
 (1) 登校を中止したことにより欠席した場合は,公欠扱いとします。
 (2) 登校を中止したことにより遅刻した場合は,欠課した科目を公欠扱いとします。